産後の骨盤矯正|歪みを防ぐアイテムで予防

りんご

なるべく早期のケアを

骨盤矯正は産後すぐに始めることが望ましく、ストレッチや下着、ガードルで矯正することができます。元々歪みが見られる人はセルフケアだけでは不十分であり、腰痛やむくみも引き起こされますので、プロの手による施術で改善に努めることが大切です。

More Detail

出産した後に行うべきケア

ダイエット

効果が出やすい時期とは

妊娠をすると、出産に向けて少しずつ骨盤が開いていきます。そして出産後はまた元に戻るのですが、元々姿勢が悪かったり筋肉のつき方のバランスに問題があると、思うように骨盤の位置が戻らないケースもあります。しかし、骨盤矯正の効果が出やすいのは産後すぐであり、出産から時間が経過すればするほど効果は低くなります。ですから、慣れない育児に戸惑って大変な時期ではありますが、できる範囲で構わないので骨盤矯正を地道に行っていく必要があります。産後すぐの時期でも行える骨盤矯正のためのストレッチもありますし、ベルトやガードル、下着等を利用して矯正することも可能です。また、クッションタイプなら座っている時にはいつでも使えます。

グッズの中でも人気なのは

骨盤矯正用のグッズには色々な種類がありますが、その中でも人気なのが下着やガードルタイプのものです。骨盤矯正していることを特に意識する必要もなく、ただ身につけておけば効果が得られますので、取り入れやすいと評判です。この手の商品を詳しく見ていくと、1日中つけていられるもの、アクティブに動く日中に適しているもの、夜寝る時につけるのが望ましいもの等があります。産後は元々骨盤が戻りやすい状態ですので、これらの用途を正確に把握して正しい使い方を心がければ、比較的簡単に戻ります。次に、クッションも色々な所に置いて活用できますので、座っている時間が長い人に最適です。座ると姿勢が悪くなることが多いのですが、クッションを使うと姿勢が正されます。

ウエスト

有効な手段

産後崩れてしまった体型を、骨盤矯正をすることで改善し、綺麗なボディラインを手に入れておられる方はたくさんいます。また適正期限があるので、産後はできるだけ早めに骨盤矯正をしておきましょう。その際は、インターネットを活用して情報を入手するのがおすすめです。

More Detail

ゆがみの原因を知る

女性

骨盤のゆがみは、腰痛や腰回りに脂肪がつきやすくなる原因となります。骨盤のゆがみを取りのぞくことも大切ですが、ゆがみを引き起こした原因を理解することも再発を防ぐために大切です。出産すると骨盤が開きゆがみやすくなってしまいます。産後すぐから腰回りを固定することは、骨盤矯正に大きな効果があります。

More Detail